BuzzVideoにコメント返しが不要な、たった1つの理由とは?

BuzzVideoを眺めていると『バズっている動画』というのは、その分ゴミが引っ付いてくるので、コメントが結構ついている動画が多いですよね。

しかし、そのコメントの内容というのはこちらが読んでいて楽しくなるようなものでは断じてなく「罵詈雑言」「批判」「差別発言」など、非常に民度が低いものです。

BuzzVideoのプレイヤーは、心無い内容で容赦なくくるコメントとどう向き合っていくのが正解なのでしょうか。

BuzzVideoではどうすれば動画にコメントはつくのか?

まずは恒例のTopBuzzヘルプセンターを見てみましょう。

エンゲージメント率:エンゲージメント率は、「いいね」の回数、コメント数及び「お気に入り」の追加回数等から算出しています。エンゲージメント率の高いコンテンツはより多くの推薦を得ることができます。サムネイルに工夫を施したり、斬新なタイトルをつけたりすることによってエンゲージメント率を上げることができます。

TopBuzz FAQ より

これ以外にもTopBuzzヘルプセンターにはコメントについていくつかの記載がありますが、僕らのようなプレイヤーが欲しい情報という意味での記載は今の所上記の文言オンリーです。

見れば、エンゲージメント率は動画の反応を見ており、コメント数もそのひとつとのこと。

よくよく考えれば、当たり前のことが書いてあります。

BuzzVideoにおいて「シェア」は特殊な操作である

他のSNS、TwitterやInstagramなどをやっている方はご存知だと思いますが、さすがソーシャルネットワークというだけあって、シェアという所作・行為が基盤というか、それがされること前提で普通は投稿されていますよね。

まともなSNSならば。

Twitterにおける「#〇〇したらRT」「#拡散希望」などという文言に代表されるように、お気に入りをしたり、いいねをしたり、シェアをされることで投稿した呟きだったり動画だったりが多方面に拡散されていくわけです。

TwitterやInstagramなどのSNSというのは各々のメディア内だけでなく、ウェブ全体やあらゆるメディア同士でシェアをし拡散し合うことが出来ますが、

BuzzVideoではそれができません苦笑

BuzzVideoはBuzzVideoだけで完結される箱庭メディア

BuzzVideoやTopBuzzの自分のアカウントを作りこんだところで、他のメディアへのシェアは一方通行です。

シェアによって多岐にバズられるべきコンテンツでも、BuzzVideoの場合はユーザーの操作では決してバズられることはなく、あくまでもそういったエンゲージメントを参考にしたBuzzVideoの運営スタッフやAIが一方的に展示させているだけです。

そんな中、まがりなりにもSNSを目指そうとしているBuzzVideoがSNSっぽさを出している唯一の場所が「コメント」であるといえるでしょう。

BuzzVideoの自分の動画にコメントが来ていたら

BuzzVideoにおいては、コメントさえつけば必ずバズるという訳ではありません。

運営とユーザーによってシェアされていくかどうかが最大の肝です。

コメントがひとつもついておらず、いいねが全くつかなくても結構再生される動画も中にはあります。
逆に言えば、コメントが40件くらいついていても、クリック数が100もいってない動画もあります。

そうなると、必然的にタイトルの専門性だったり「いいね」が多くついた動画の方がよっぽど展示回数には関わってくるという話になってくるんですが、コメントがつかないものよりは当然ながら付いたほうが

「話題性がある動画」

ということになります。

コメントを貰うために不可欠なものといえば

投稿した動画がポリシー違反ではなく、最終的にマイナスな印象を抱かせるものであったとしても“共感できた”とか“言いたいことが言えた”みたいなある種の満足感をユーザーに与えることが出来ればOKです。

それができた時、何一つユーザーの気持ちを動かせない状態と比較した時、飛躍的にレベルの高い投稿が出来ている、つまり収益の安定化に近い状態になれているといっていいでしょう。

しかしながらコメントを実際に見てみると、見るも無残なコメントばかりではないでしょうか。

おそらく、まともなコメントというか、投稿者として読ませてもらったときに心がほんわかするようなコメントというのは1割にも満たないでしょう。

コメントの内容はいちいち気にしてはならない

多くは極めて民度の低いコメントばかりで観るに堪えないものですから、女性だったり気弱な方であれば

気弱な人
どうしてこんなことまで言われなきゃいけないんだろう…。
明日から笑顔で生きていくことができない…

と思うこともあるかもしれません。

中には、勝手に勘違いして論議をかましてきたり、動画の対象物ではなく投稿者に対して文句を言っていたり、挙句の果てにはコメント同士で勝手に喧嘩がはじまっていたりします。

なかにはこちらがきちんと調べた上で専門書を見ながら投稿した雑学ネタなどでも

優秀なコメンテーター
「嘘ついてんじゃねーぞこの野郎」

などと言ってきたりする始末です。

そのコメントに対して、投稿者ができる行動パターンは3つです。

  • 無視をする
  • コメントを返す
  • いいねする

BuzzVideoユーザーのコメントを無視したくなったら

BuzzVideoのプレイヤーは、サムネイルの設定上の都合など多くの観点から、基本的にはPCから投稿を行っていると思います。

コメントが来たら、右上に通知マークが来ているはずなので

「まったくコメントが来ていたことに気付かなかった」

ということはおそらくないでしょう。

2019年1月15日更新!
ここ最近、収益報告とフォロワー通知以外、コメントが来ただのいいねされただのという通知がこないようです。

おそらくこういうクソみたいな仕様は今後も頻発していくでしょう。
ログインしたら必ずコメントをチェックするというくせを付けておいた方がよさそうです。

意外と少なくない数のプレイヤーがしているのが、コメントの無視です。
くだらないコメントばかりな訳ですから無視したくなるのも無理はありません。

しかし、コメントの無視は実にもったいないです。
基本的にコメントというのは無視をしないほうがいいです。

BuzzVideoユーザーのコメントをコメントで返す場合

BuzzVideoユーザーからきた何かしらのコメントに対してできることは「コメントを返す」か「いいねする」のどちらか二択です。

もしコメントを返す場合、あなたがアカウントでどのようなキャラを演じようとしているかにもよると思いますが、基本的に相手を持ち上げるような書き方が望ましいです。

例えば、

優秀なコメンテーター
うp主まじで氏ね

みたいなコメントが来ていても

「ありがとうございます!どうやって氏ねばいいですか?」

などというオウム返し&質問みたいな形なら、何も考えなくていいので気楽ではないでしょうか。

良いユーザー
「こういう動画スキ(^^♪」

とか、極めて少数にはなりますが友好的なコメントが来ていた場合は

「うれしいです、リクエストあったらください」

など、自分からはコメントが終わらないようなやりとりをするのが本来のコメント返しという言葉のもつ意味合いとしては正しいです。

ただし本来のSNSであれば の話です。

コメントを返すことでユーザーは何を思うか

前述したように、BuzzVideoの推薦&露出システムはコメントの優先順位は低いです。

コメント返しをしたからといって動画がバズるかといえばそうではありませんし、それでフォロワーは増えるやもしれませんが単価が落ちない保証はなく、収益が増える保証もありません。

今まで1年以上BuzzVideoをやってきて、コメントというのは僕としては投稿者とユーザーとが絡む場所ではなく

ユーザー同士が動画について好き勝手言い合う場所

という印象を持っています。

コメント返しをまともにしようとすると遅かれ早かれ、あまりにとてつもないコスパの悪さゆえ、時間がもったいないと聡明なあなたなら思うはずなのです。

つまり、タイトルまたは内容などでユーザー同士が議論をし合うようなものを投稿してさえおけば、僕らプレイヤーはわざわざコメントを返していく必要はないということになります。

BuzzVideoユーザーのコメントを『いいね』する場合

無視するのはダメ、コメントを返すのは推奨しない、となると僕が行っている&あなたへオススメするコメントへの対応は『いいね』するです。

単価のチェックの前に、僕はとりあえずそのアカウントにログインしたらコメントをチェックして、コメントを一切見ることなく、ハートマークをクリック。
つまり「いいね」をするようにしています。

ハッキリ言って、それだけで十分です。

ユーザーは、誰かに優しくしてほしい

大多数のユーザーは、笑うせぇるすまんの喪黒福造にターゲットにされてしまうような人たちで、心にスキマがある人たちです。

普段生活している中で、否定はされることはあっても肯定されることがまずない人ですから、自分がしたバカみたいなコメントに『いいね』をしてくれる。

それだけで幸せになれるほど優しさに飢えている状態です。

あとは冒頭でもチラッと触れましたが、コメントが数十件もついているのに全然バズってないの動画も実際数多くあることから、BuzzVideoのシステムにおいてはコメントがつく数というのは展示回数を優遇させるための必要材料としては2の次だということは明白です。

もしかしたら、単純にコメントが付きまくった直後に単価落ちして展示されてないだけなのかもしれませんが。

BuzzVideoでついたコメントに対してすべき行動は結局…

今までの経験上、動画についたコメントには単純に『いいね』を付けてあげるだけで十分です。
コメントをつけたからバズる、コメントをつけてないからバズらないということはひとつもありません。

それで全然単価も維持されますし、全然バズりますし普通に稼げます。

なんだかんだまとめてしまうと、

TAKA
いちいちコメントなんかでどうしようもない連中と絡みたくない

というのが一番なんですけどね。

ただ、そのどうしようもない連中が動画をクリックしてくれるからBuzzVideoで収益が生まれるんだという事を忘れてはいけない訳で。

BuzzVideoにコメント返しが不要な、たった1つの理由とは まとめ
・BuzzVideoにおいて展示を勝ち取るのにコメントの優先度はとりわけ高くはない!
・コメントはけして無視をしてはならないが、いちいち反応するのはバカバカしい!
・コメントは『いいね』で十分!

コメントなどに左右されず、鼻をほじりながらでも適当に投稿をして稼げるようになるにはどうすればいいのか?
そのヒントをどこよりも丁寧にどこよりも多くメルマガにて【無料で】提供しています!
よかったら、是非登録してみてくださいね!




BuzzVideo超有益!世界一の【無料】メルマガ
TAKA★MAGA

2020年6月6日で登録者数なんと1,500人突破!

noteやココナラで売られててもおかしくないような内容を無料で毎日22時に配信!

世界一のBuzzVideoノウハウを面白おかしく執筆している最強メルマガです。

誰よりも有益で濃い配信が出来ている自負があります。
これ以上丁寧に配信してるBuzzVideoメルマガ・LINE@が有ったら逆に教えてください。

ブログと併せながら、夜のちょっとしたお楽しみとして頂ければと思います。

登録時のアンケートにも是非ご協力ください。




3 件のコメント

  • 以前質問させていただいたtenです。
    コメント付いてたんで、返すべきなのかなと思ってググって、目についたこの記事を読みながら、「ん?TAKAさんぽいな、この人」と思って最後まで読んだらTAKAさんでした。
    付いたコメントにはいいねしときました。
    ありがとうございました。

  • TAKAさんのブログ拝見させて頂き、1本の投稿しました。18時間後バスりだしてオロオロしていましたが、この記事を見て安心できました。
    約2週間で114本をUPしてきましたが、初めてバズりました。
    ありがとうございます!!

    • おめでとうございます。
      質を高めながら投稿数を重ねていければ一番いいです。
      是非、引き続き諦めずに投稿を続けていってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です