《重要》BuzzVideoの単価が低すぎる?稼げずに困っている人に伝えたいこと

TAKAです。

2020年5月未明から、BuzzVideoの高単価アカウントの概念が壊れ、単価が人によって恐ろしく下がったことはご存じでしょうか。

TAKA

2021年時点では本当に、稼げている人は本当に高単価を維持し、稼げていない人は動画の反応がとれないだけでなく単価が恐ろしく低いはずです。

本記事では、

BuzzVideoはアカウントの1つあたりの単価が下がっても数十万稼ぎ出すことは可能なのか?

ということについて言及したいと思います。

BuzzVideoの単価が戻らなくても稼げるか

結論からいいます。

YES

です。

低くなった単価は戻すこともできますが、出来れば戻すよりも新規で始めた方が話は早いです。

というのも、BuzzVideoは収益化から開始一週間以内に、チャンネルの評価はほぼ確定するためです。

真の高単価アカウントは0.5円以上の超高単価を叩き出すことが出来る!

TAKA主宰のコミュニティでは、とある手法を用いて収益を押し上げるノウハウを公開しているため、稼げている人は今まで以上に稼げている状態です。

TAKA

例えば、僕は2020年4月までは最小公倍数の動きで100万円以上いくようにBuzzVideoにかける時間・労力を調整し、キープしていました。

それはすなわち、単価が0.15~0.2あたりということが前提で「こういう投稿をしたらどれくらい展示されて…」というのがもう感覚的にわかっていたので、逆算して投稿の頻度等を調整し、運用を行っていたためです。

BuzzVideoの単価が低くなった原因は?

昨今話題がつきないコロナ渦により企業クライアント側のバタバタで広告単価自体が下がってしまっただけでやがて戻るのか、はたまたBytedance社の上層部が

運営スタッフ
投稿してる連中に再生単価0.2円はさすがに与えすぎだったアル。
もう十分動画も集まったし、収益は4分の1とか半分とかにしても貧乏くさい連中は投稿を継続するんじゃないアルか?
そうアル!虫けらに渡す金はないアル!

なんていう、間抜けな決まり方がされたのか否かはこちらサイドは知る由はありません。

ただここで肝心なことは、

稼げなくなった訳ではない
ていうか稼げなくなったことが一度もない

ということです。

単価が低い状態が続くとBuzzVideo業界で何が起きるか?

現状、2020年4月までと同様の攻め方をしていた場合、低いものだと0.03円程度から、高くても0.13円程度と、かなりの変動があります。

(TAKAのコンサルでは『そもそも単価が変動するのはなぜか』というのを徹底検証して既に結論が出た情報を惜しみなく公開しているので、参加した人は単価の変動はあっても単価落ちはほぼ100%ない状態で運用しているのですが) 無料情報だけで頑張っている人は検証の仕方自体がわからず路頭に迷う気持ちかもしれません。

1万再生させても数百円レベルになってしまったらどうなるか?

それは

稼げなかった人から辞めていく

だけです。

僕のメルマガを受信して頂いている人でも

public opinion
ああ、ダメだこりゃ稼げんわ。
つーか、最初からバズビデオなんて稼げねえんじゃね?
なんだ、TAKAって詐欺師だったのか。

と、都合のよい解釈をして去っていく人もいらっしゃるかもしれません。

具体的にどうすれば単価が落ちずに運用できるのか?

ここまで読んで頂いた人は「結局どうすれば単価を落とさず運用できるのか」と思われるはずです。

具体的なフローは以下の通りです。

  1. ポリシーを守って投稿して動画を展示させる
  2. 展示されたら気になるサムネイルを設定してクリックさせる
  3. クリックさせたら最後まで見させる
  4. クソみたいなコメントは消してポジティブでハートフルな運用を心がける

1から説明しなくても、確実に稼げていて確実な成功例はBuzzVideoの中に落ちています。

しっかりした運用が出来ていればコメントは削除することが出来ます。
他人が勝手に書いたコメントでもネガティブなものが多い場合、アカウントの評価は下がってしまうので気を付けてください。

残った人は必ず得をする日が待っている

断言できるのは、皮肉なことに
『稼げなくなった訳ではない』
とポジティブに考えれる人だけが生き残り得るということです。

むしろ収益が満足に出なく諦めてしまった人が消えていく分、ちりも積もれば山となる膨大な半端クリック分母が稼げる人に寄せ集まり、残り耐えた人に分配されるというだけなのです。

そうなると何が起きるか?

  • 単価が戻らなくても、残って地道に努力する人が稼げる
  • 単価が戻ったら、残って地道に努力をした人はもっと稼げる

という未来しかないということになります。

BuzzVideoの現在のメリットとデメリットを落ち着いて考えてみる

今でも、アンケート等をとったときに圧倒的に多い声が

稼げない人

「BuzzVideoは収益化モデルとしてスピードが速く、スキームがシンプルだと思ったので始めました!」

という、要するに『簡単そうだから始めてみた』という動機だったりするのですが、確かにその通りと言って良いと思います。

そして、そのスキームというのは『動画を投稿する』というだけですから、基本的に単価が落ちたところで仕組み自体は何も変わっていないということです。

むしろ怖いのは、単価は変わらず収益化条件が著しく困難になる事ではないでしょうか。

つまりメリットの部分は依然として変わっておらず、むしろ悪環境になってクリエイターの絶対数が減ってくれれば”むしろチャンスなのだ”ということがお分かりいただけると思います。

以前より圧倒的に単価落ちしなくなった

僕がもっとも現在強くお伝えしたいことがこちらです。
しっかり攻めていければ2021年は『単価が圧倒的に落ちなくなった、むしろ上がった』ということ。

以前は、高単価アカウントは0.22円が最大だった時代もあり、割と簡単に0.5円アカという超高単価アカも作れたりして、1日冗談抜きで1アカで7~8万円弱くらい稼げる時代もありました。

ただし、その代わりのデメリットとして、とにかくちょっとしたことですぐに単価落ちをしていたんです。

僕の中で当時から

  • 何故単価が落ちるのか?
  • そもそもどうしたら単価が落ちるのか?
  • 何がトリガーになっているのか?

などを研究し、それを利用することで単価を戻すという荒業も可能にしましたが現状もっとも精神衛生上良いのは、単価が落ちない事だというのは言うまでもありません。

今後のBuzzVideoとの理想的な付き合い方

ズバリ、多アカ運用または質を激烈に高めた運用です。

TAKA
ヒントをいいますと、僕は20アカウント運用のメインは4アカで、2020年8月上旬、BuzzVideoから得ている日給が7万円前後です。

ひとつひとつの動画で考えることは
「絶対に1ミクロンもポリシーを違反していないか」
「少しでもこの動画を観てもらえるにはどんな絵でどんな文言で訴求すればいいか」
「最後まで見られるには何をどう工夫すればいいか」
それだけです。

詳しくは、メルマガに登録をして頂けると随時リアルタイムでも良い情報が出せるかもしれません。

そしてコンサル等ではもっと詳しく具体的に、完全な答えを出しています。
この情報を見て稼げなければもう終わりだという情報です。

単価が落ちても続けるか続けるかは自分次第でいい

僕はTAKAというキャラクターでBuzzVideoは稼げまっせという情報発信を始めてからもう何年も経過しています。

そのはるか前から

  • BuzzVideoの収益化はすぐ終了する
  • BuzzVideoなんか稼げない
  • 情報発信やコンサルをやるやつなんて全員詐欺師だ
  • BuzzVideoなんて…

という噂は後を絶ちませんでした。

単価が落ちるということは、とにもかくにも以下の3点をやらかしているだけなのです。

稼げていない人の3大チェックポイント

ポリシールールを守れていない
クソつまらなそうなサムネイルに設定している
内容がおどろくほど詰まらな過ぎてすぐ「元に戻る」を押されている

結局辞めていくのは「簡単だと思ったら、思いのほか難しく稼げなかった」という逃げ癖のある人だけです

身も蓋もない見出しですけど、単価が落ちたから辞めるというのは『方向転換』ではなく『逃げ』じゃないかなと僕は思うのです。

何故なら、全然稼げるからですね。

TAKA
僕はBuzzVideoのことを「簡単だよ」と無責任に言い放った覚えは一度もないですし、難易度的にはあまり変わってないというかむしろ以前より易しくなった印象さえあります。

少なくとも、日雇いアルバイトやパートなどで貴重な時間を確実な数百円と置き換えに切り売りするよりは全然稼げてしまうことは明白です。

ただ、何かあったからといってすぐに辞めていたら何も続きません。

むしろトラブルが起きたときにどう対処すべきかを学べるよいチャンスと考えるのがもっとも現状のBuzzVideoとの付き合い方としては正しいといえるでしょう。

ここまで書いておいてアレなんですが…

冒頭でも記載したように、明確に単価を戻す術を完全に発見してしまいまして、戻るどころか単価が以前以上にUPしてしまうことが判明しております。

バグなのか、たまにとんでもない単価になることはあるものの、再現性高く0.2~0.6円までのふり幅ということ収益が高いところで安定している状態です。

もともと単価が激減するアカもあれば、さほど目減りしてないアカとの落差が圧倒的に激しすぎるという疑問が兼ねてから生じており、それが何を条件にそうなっているのかという考察はもう2カ月前からしていた訳ですが、ようやく客観的事実としてデータが出揃いました。

要するに、まだまだBuzzVideoは
「真実に到達した人にとってはますます美味しいメディア」
ということです。

TAKA

また、生徒さんしか知ることの出来ない、メルマガにも書けない隠れネタなど
「ええっ!これで稼げるの?マジかよ」
といった、おそらく何処にも出てないBuzzVideo解体新書を僕の企画ではご案内していますが…

ひとまず、無料メルマガとブログではしっかりと2020年8月以降でも
「臆せずやってればまだまだ全然「数十万円」普通に稼げるよ」
というアドバイスをさせて頂ければと思います。

メルマガでは、あなたがBuzzVideoで稼ぐための重要な情報をたくさん配信しています。
無料なので、是非今すぐ登録してみてください!

BuzzVideoの超有益情報満載!【無料】メルマガ TAKA★MAGA

2021年1月10日で
登録者数なんと2,000人突破!

普通に超有料級の内容を
おびただしい質量で無料で配信!

これ以上丁寧に配信してる
BuzzVideo情報配信者がいたら
逆に教えてほしいです!

3 件のコメント

  • TAKAさま

    早速のご回答ありがとうございました。
    100%ないというお答えで次の行動が決まりました。
    お説の通り、とっとと削除して次に行きたいと思います。

  • こんにちは
    初めまして。いってつと申します。
    7月からBAZZVIDEOの投稿はじめて
    こちらのブログにたどり着きメルマガも毎日熟読させてもらっています。

    一つ教えてください。

    複数アカウントで、高単価獲得して順調に推移していたのですが
    昨日、いきなり今まで稼ぎ頭だったアカウントが低単価に落ちてしまいました。

    TAKAさんがおっしゃるようにFAQや規約を読み直し
    ある程度、原因の見極めの予測ができました。

    この予測に基づいて原因となった動画を削除していくべきか悩んでいます。
    高単価に引き戻したいのです。
    いったん高単価に引き戻して五千円突破したら削除した方がいいのか
    このまま低単価で投稿続けて五千円突破させて振込できたらアカウントを削除した方がいいのか悩んでいます。

    五千円までの道のりはあと二千円ほどなのですが高単価に引き戻す労力をかけた方がいいのか
    低単価のまま不毛の投稿をつでけた方がいいのかヒントをいただけたら幸いです。

    私としてはいったん高単価に戻す努力をして検証しながら
    五千円突破したらいったんアカウント削除して新たなアカウントで再開という方向を考えています。

    アドバイスをお願いします。

    • いってつ様

      ご丁寧にコメントありがとうございます。
      動画を削除して高単価に引き戻すというのは、100%ではありません。
      該当と思われる動画を削除もしくは内容さえOKであればタイトルを修正ののち放置して、いつ戻るかといったところです。

      質問にそのまま答えるのであれば、3000円程度しかいっていないのであれば僕だったら消してしまいとっとと次にいくというのが最適解かなとは思います。
      どちらかというと、初めから落ちないように運用することを注力されたほうが僕は良いと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です